カートをみる ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

カーテンレールの取付方法


 カーテンレールの取付け方法(機能性レール)

一般的なレールが2つ並ぶカーテンレールの取付け方法の説明です。
取付けの際は、各カーテンレールの取扱い説明書と合わせて必ずお読みください。



  カーテンレールを適度な長さに注文する(サイズ・オーダー)


レールはサイズ・オーダーで、サイズを指定してご注文の手続きをしてください。

窓の巾の長さを測り、10cm〜15cm程度の足した長さが、レールのサイズ(仕上り巾)です。

木枠のない(壁になっている)窓は、木枠分、少し長くするのがお奨めです。
(レールは、金物用のノコギリでも切断できます。)

カーテンレールの取付け方法


カーテンレール【ネクスティ】


 ▲屮薀吋奪箸亮萇佞雲K/泙粒稜

各商品ページに記載されている【ブラケットの取付け寸法図】と【ブラケットの間隔と許容荷重】を必ず確認して、ブラケット(取付金具)の取付ける位置や間隔を決めてください。

※レールの注文の前に、取付ける際に、エアコンやドアなどに干渉しないか、他に障害物がないか「取付寸法図」で確認します。



▼(例)レールのブラケットの取付寸法図(mm単位)      ▼(例)レールのブラケットの間隔と許容荷重

レガートの取付寸法図、ブラケットの間隔と許容荷重




 レールの取付金具(ブラケット)を取付ける

注文したカーテンレールが届いたら、レールの取付金具(ブラケット)を取付けてから、その取付金具にレールを固定します。

取付金具(ブラケット)のを取付ける位置(間隔)は、各レールの【ブラケットの間隔】以内に、均等に取付けてください。

一般的なランナーのカーテンレールの取付け方法


取付金具(ブラケット)の取付位置は、窓枠から上に【5cm〜15cm】程の高さに、ブラケットのビス位置がなるように取付けます。  
高い位置に下地がない場合は、下げて低い位置に取付けてください。

ブラケットの取付は、必ず木部の下地に取付けてください

【下地】・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。レールは石膏ボードのみの場所には取付けられません。



 ぅ譟璽襪鬟札奪(固定)する

カーテンレールに、必要な数のランナー(フックを掛けるカン)があるか、取り付ける前に確認します。

商品ごとに付属の「取扱説明書」または、取扱説明書が無い場合は各「商品ページの取付方法」を読みます。

取付金具(ブラケット)に、カーテンレールをセットして、しっかりと固定してます。

最後に、しっかりと固定しているか再度確認して、完了です。




  エアコンなどが窓枠の上にある場合 (窓枠に取付)

エアコンなどが窓の上にある場合

エアコンなどが窓枠の上にあり、カーテンと干渉してしまう場合などは、レールの取付位置を下げます。

窓枠の巾()が2cm以上であれば、窓枠に取付けることも可能です。(木枠の割れを防ぐために、真中にビスで取付けてください)

窓枠に取付ける場合は、端から(5cm以上窓の内側に取付けてください。(木枠の割れを防ぐためです)

また、ビス(ネジ)は、短いもので、小さく下穴をあけてから取付けることをお薦めします。

    窓枠に取付ける場合



 取付けの注意

カーテンレールに付属される取扱い説明書を必ず事前にお読みください。

取付用のビス(ネジ)は、下地にとどく物をお客様がご用意ください。付属されているビスでは下地にとどかない場合があります。(ネクスティ、セルフィには、取扱い説明書、ビス(ネジ)は付属されていません。)

プロ仕様カーテンレールは、サイズ(仕上り巾)を指定してオーダー(特注)でご購入ください。

カーテンレールの取付けには、周囲の安全に注意して落下することのないように、必ず木部(下地、木枠)に、お客様の責任で取付けてください。

【下地】・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。レールは石膏ボードのみの場所には取付けられません。

※ レールを購入する前に、サイズや取付方法に不安があるお客様は、メールやお電話にてご質問やご相談を承ります。

装飾レールの取付け方法


インテリアにコーデしやすい、デザインされたカーテンレールが「装飾レール」です。

ポールに、リングランナー(カン)を使って、カーテンをセットして、開閉させるレールの取付方法を説明します。
レールの取付けの際は、レールの取扱説明書と合わせて必ずお読みください。



(1)装飾レールの「基本構造」


はじめに、装飾レールの「基本構造」と「名称」を説明します。
装飾レールの名称
A:キャップ
装飾レールのキャップ(ギボシ)は、デザインの特長を表現する部品です。

B:ブラケット(取付金具)
レールを取付ける金具で、装飾レールでは取付ける位置が重要になります。

C:ポール
部屋側のレールで、リングランナーを使ったデザイン性の高いレールです。主にドレープカーテンを吊るします。

D:リングランナー
ポールに通すリング状のランナーです。カーテンのフックを使ってカーテンを吊るします。

E:機能レール
装飾レールのダブル仕様(2重吊り)では、窓側の主にレースカーテンを吊るす方を「機能レール」になります。
ポールが2つ並ぶ装飾レールもありますが、この組み合わせのセットが主流です。



(2)ブラケットを取付ける


装飾レールは、ブラケット(取付金具)の取付ける位置によって、カーテンの開閉が制限されます。

リングランナーは、ブラケットを越して動かすことができないので、ブラケットの位置でカーテンは止まります。
装飾レールの取付け
「装飾レールのブラケット」は窓の両端からヨコに、3〜8cm程度に、ビス位置(ネジの位置)になるように、木ネジで取付けます。

ブラケットとキャップの間に、リングランナーを左右に一つ入れて、カーテンの両端のフックの位置になります。

「ブラケットを取付ける高さ」は、5〜15cm程度に、必ず「下地」があるカ所にビス位置になるように取付けます。ポールと機能レールが平行になるように、高さを合せてください。
装飾レールの取付けの位置

装飾レールの取付けの位置


下記の「ブラケットの取付け間隔」を確認して、窓の中央にブラケットが必要な場合は、カーテンは必ず「両開き」で注文してください。
(商品ページ、取扱説明書に記載されています)

装飾レールの取付け
窓の幅が160cmの場合、上記の「取付け間隔」のレールでは最大間隔が140cmなので、窓の中央にブラケットが必要です。その場合、カーテンは「両開き」にしてください。


※【下地】とは
壁面の石膏ボードの中にある木部の事で、柱やまぐさ、カーテン用の取付け下地(コンパネ)のことです。
石膏ボードのみの場所にレールを取付けると、必ず落下しますので注意してください。

※【ビス位置】とは
ブラケットを壁面に取付ける「木ネジ」の位置が【ビス位置】です。(下図の赤部分)

装飾レールのビス位置


(3)レールを適切な長さにカットする


装飾レールのポールの長さ」は、窓の両端に取付けたブラケット〜ブラケットを測り、15cm程度足した長さにカットします。

「キャップ」から「ブラケット」までの長さが約7cm程度で、部屋のインテリアに合わせて、長さを調整してください。

装飾レールの取付け
レールの種類によって、キャップの差し込み寸法が違うので、ポールがの長さが短く見えることがあるので、下図のポールの差し込みの長さを確認して、その分を長くして、レールをカットしてください。

装飾レールのキャップ
「機能レールの長さ」は、両端のブラケット〜ブラケットの長さに1〜2cm足した長さにカットします。
ブラケットの端のリングランナーが、ドレープカーテンの端になるので、レースカーテンの端が見えないように、ブラケットにギリギリの長さで取付けるのが理想です。

ポールと機能レールは「金物用ノコギリ」で切断する事ができます。手元が滑らないように注意してカットしてください。



(4)レールをブラケットに固定する


カットしたポールに、必要な数のリングランナーをセットして、キャップを付けます。
レールは長いので、周囲に注意して、装飾レールをブラケットい固定します。
機能レールもブラケットに固定します。
(簡単に固定できます)

※レールをブラケットに固定する方法は、種類によって違うので、取扱説明書をご覧ください。

ブラケットにしっかり固定されて、ロックされているか確認をして、取付け完了です。



(5)窓のそばに「エアコン」がある場合


エアコンがあるときの装飾レールの取付け

エアコンに干渉しないように、エアコン側のポールを短くして取付ける方法です。
キャップを平坦な「プレーンキャップ」に変更すると、取付しやすいです。

エアコンがあるときの装飾レールの取付け

エアコンの下にスペースがある場合は、レールを下げて、取付ける方法です。



(6)窓のヨコが壁の場合


窓の横が壁の場合は、平坦な「プレーンキャップ」に変更して、壁に付けるように取付けます。
ブラケットも出来るだけ壁に近づけて取付けてください。

装飾レールの取付け




 ■ 取付けの注意

装飾レールには、必ず取扱説明書が付属していますので、事前に読んでから、取付けてください。

取付け用のビス(木ネジ)は、下地にとどくものをお客様が用意してください、付属しているビスが下地にとどかない場合があります。

装飾レールは、ブラケットの位置に下地がない場合は取付けできないので、ブラケットを取付けてから、お客様がレールをカットする方法をお勧めします。

レールのカットは【金物用ノコギリ】を用意して、ケガをしないように注意してカットしてください。

装飾レールの取付けには、周囲の安全に注意して、落下する事のないように、必ず「下地」に、お客様の責任で取付けてください。


※レールを通販で購入する前に、サイズや取付方法に不安がお客様は、メールや電話にて、ご質問やご相談を承ります。




 ■ 取付けに不安がある場合


装飾レールを自分で取付けるのに不安なお客様や、新築で数が多いお客様は【取付工事サービス】をご利用ください。


取付工事サービスのお申込み




シェードの取付方法


 シェードの取付け方法

   .轡А璽廟賤(付属)のブラケット(取付金具)をビス(木ネジ)で取付けます。

  ◆.轡А璽匹遼楝里鬟屮薀吋奪(取付金具)に固定して、取付け完了です。

シェードのブラケット

  ■ シェードの取付け方法は、【ツイン・シングル】スタイル共に同じ取付け方法です。
  ■ ブラインドやロールスクリーンなども、基本的には同じ方法で取付けます。

  正面付けの場合  窓の外側に取付け

窓の木枠に取付け   ※ 木枠の巾が2cm以下、飾り枠の場合は、木枠に取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

下記図のように、シェードの本体の幅(←→)の両端から【5〜10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットは、約190cm巾のシェードで、3箇所が目安です。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。

シェードの木枠に正面付け

※ ブラケットは、全て同じ高さになるように取付けてください。

窓の上に取付け    ※ 壁面に下地ない場合は、取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

下記図のように、窓枠から上の壁面に【5〜20cm】程度、必ず下地のあるところに取付けます。
弊店では、窓枠の上【10cm】を基本としています。 ※シェードのタタミ代は、約25cm程度です。(丈によって変わります)

シェードの本体の幅(←→)の両端から【5〜10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットは、約170cm巾のシェードで、3箇所が目安です。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。

シェードの枠上に正面付け

※ ブラケットは、全て同じ高さになるように取付けてください。
※ 下地・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。石膏ボードのみの場所には取付けられません。

  天井付けの場合  窓の内側に取付け

窓の内側に取付け    ※ 木枠の奥行きが6cm以下の場合は、取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

シェードの本体の幅(←→)の両端から【5〜10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットが3個の場合は、中央に取付けます。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。(190cm幅のシェードで、3箇所が目安です。)

シェードの枠の内側に天井付け

※ ブラケットは、全て同じ奥行き(前後の位置)になるように取付けてください。

 取付けの注意

 シェードに付属される取扱い説明書を必ず事前にお読みください。 また、ビス(ネジ)は下地(木部)にとどく物をお客様がご用意ください。付属されているビスではとどかない場合があります。

 シェードの取付けには、周囲の安全に注意して落下することのないように、必ず木部(下地、木枠)に、お客様の責任で取付けてください。

※ シェードの採寸、取付けが出来ないお客様は、【取付工事サービス】をご利用ください。

 シェードの幕(ファブリック)の取り外し方

  シェードの幕(ファブリック)を洗濯する、交換する場合は、下記のように取り外してください。
  シェードの幕は、ヘッドレールにマジックテープで付いているので、比較的簡単に取り外しが出来ます。

シェードの幕(ファブリック)の取り外し方

  ※ シェードの幕(ファブリック)を取り外した後に、昇降コードがヘッドレールの中に入らないようにご注意ください。

 カーテンレールに取付ける場合


ブラインドをカーテンレールに取付る方法

 「レール取付金具」は、溝のある上記の画像のレールで使用できる金具です。

 レールから両端にあるキャップと、レールの中にあるランナー(カーテンを吊るすカン)を外して、
 図のように取付金具を取り付けてください。


 (a)ブラケットに【レールビス】を通して、(b)レールの溝に挟むようにネジで固定します。

 ※レール取付の場合は、見積りの際に【レール取付】とご指定ください。


ブラインドの取付方法


 簡単!! ブラインドの取付け方

ブラインドの取付は、プラスドライバー1本で簡単に取り付けが出来ます。

 .屮薀吋奪箸鬟咼后淵優検砲納萇佞韻泙后
【窓枠内 天井付け】の場合                       【窓枠 正面付け】の場合
ブラインドのブラケットの取付

◆.屮薀ぅ鵐匹鮗萇佞韻泙后
ブラインドの取付
ブラインドの昇降操作で、スラットを降ろして取付完了です。

【カーテンレールに取付ける場合】
ブラインドをカーテンレールに取付る方法
 (a)ブラケットに【レールビス】を通して、(b)レールの溝に挟むようにネジで固定します。
 ※レール取付の場合は、見積りの際に【レール取付】とご指定ください。

プリーツスクリーンの取付け方法



■プリーツスクリーンを窓枠内に取付ける


プリーツスクリーンは、窓枠の内側に取付ける【窓枠内・天井付】がお奨めです。

プリーツスクリーン


注文する前に、窓枠の奥行が【6cm以上】であることを確認してください。

(下図の赤矢印の一番短い長さが6cm以上必要です)

窓枠の内側の奥行
プリーツスクリーンの取付け


窓枠の内側に取付金具(ブラケット)を木ネジで取付けます。+ドライバーをご用意ください。


木ネジは付属していますが、石膏ボード(壁紙)の場合は、下地(ボードの下の木部)にとどくものをご用意ください。






■取付金具(ブラケット)に本体を固定する。


プリーツスクリーンの取付け

付属している取付金具(ブラケット)を、木ネジで取付けてから、取付金具の先端の”ツメ”に本体の溝を引っ掛けて、押し込むように回して「カチッ」と鳴るまで押し込んでください。

最後にプッシュボタンを押して、取付け完了です。


※シッカリと固定されているか、本体を押して確認してください。”ツメ”に掛っていない場合は、落下するので注意してください。





■窓枠内に取付けた「例」


一つの窓の幅が200cm以上なので、窓の中央で2台に分けて、窓の内側に取付け。

【PS-7051】灰紅





■取付けの注意


●プリーツスクリーンに付属される「取扱説明書」を必ず、取付ける前にお読みください。

取付け用の”木ネジ”は付属されていますが、壁面(石膏ボード)に取付ける場合は、下地(石膏ボードの下の木部)に固定できる長さのネジをご用意ください。


●石膏ボードのみに取付けると、落下しますので、必ず木部に取付けてください。

プリーツスクリーンの取付けには、周囲の安全に注意して、落下する事が無いように、お客様の責任で取付けてください。




●プリーツスクリーンの取付けは簡単です。特に難しい技術や、専門の道具は必要ありません。

しかし、取付けに不安なお客様や、新築でカーテン等と一緒に購入を予定されているお客様には、採寸から取付までの「取付工事サービス」をご利用ください。(東京・埼玉の一部地域)



取付けについて、ご不明な点、ご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。



shopmaster@dowdow.co.jp





ページトップへ