カートをみる ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

女性がオーダーカーテンのサイズを測るコツとは!

オーダーカーテン セレクトショップ ドウドウ

女性が一人でオーダーカーテンのサイズを測る事に、不安を感じるお客様もいます。

カーテンの採寸(サイズを測る)自体は、非常に簡単です。 サイズを測る際に必要なものは【巻尺(メジャー)】です。

巻尺(メジャー)は、一般家庭では1年に何回も使用しませんが、ソファやテーブルなどの家具を買う時や、洗濯機やレンジなどの家電を買う時など必要になりますので、懐中電灯などと同じように”一家に一台”は持っていた方が良いと思います。
金属製の巻尺(メジャー)で、日本工業規格【JISマーク】のある物がお奨めです。

金額は千円前後になりますが、1個あれば”一生モノ”です。正確な寸法のメジャーを一家に一台持つことをお奨めします。


   ▲当店で使用している巻尺(メジャー)です。



巻尺(メジャー)はご用意できましたか?

オーダーカーテンの採寸(サイズを測る)は、カーテンレールから測り、必要な計算をして、
【仕上り巾(W)】、【仕上り丈(H)】、【開閉】、【フック(AorB)】を指定して、
eメール見積りで販売価格を確認してからご購入手続きをします。

オーダーカーテンのサイズの測り方

「サイズの測り方」をご覧いただき、何を測れば良いか分かったと思います。
実際に巻尺(メジャー)を手に持って測ると、大きいサイズの場合、測り難かったりします。

【採寸のコツ】 巻尺(メジャー)の使い方で、大きい窓の丈(H)も測りやすくなります。

下記の画像の様に【メジャーの先端を床に付けます】
オーダーカーテン セレクトショップ ドウドウ

金属製の巻尺(メジャー)は下記の画像の様に、メジャーを自立させる事が出来ます。
長くメジャーを出して、曲げて伸ばす事で、自分よりも高い位置にメジャーを垂直に立たせてサイズを測る事が出来ます。
オーダーカーテン セレクトショップ ドウドウ

オーダーカーテンの専門の業者が一人で採寸する為の方法です。

メジャーを伸ばして曲げる事が難しい方は、脚立を用意してメジャーを曲げないで測ってください。



【採寸のコツ】 巻尺(メジャー)の使い方で、大きい窓の幅(W)も測りやすくなります。

金属製の巻尺(メジャー)の“くの字型”の先端が付いていますので、
レールの端に引っ掛けて、一人で測る事ができます。
これも、レールの位置が高い場合は、脚立を用意して測ってください。

マンションなど窓で、大開口の幅の広い場合は、レールを分割して測りましょう。
レールに手の届く範囲で、数カ所に目印(付箋)を付けて、測って計算します。



一般的な窓で、女性が一人で、オーダーカーテンの採寸をするときに、やりやすい方法をご説明しました。

オーダーカーテンの採寸は、非常に簡単です。
但し、簡単だからこそ、間違う事もありますので、「オーダーカーテンのサイズの測り方」を十分にご覧いただき、数度のご確認をする事をお勧めします。

最後に、仕上り巾(W)は、採寸した巾に【3%を足す】こと、仕上り丈(H)は、【ドレープは1cm短く】、【レースは2cm短くする】ことを忘れないでください。

女性で一人暮らしをされているお客様の場合、やはり、出張採寸で業者の人を部屋に入れる事に抵抗を感じる方も多いと思います。
web(ネット)ショップを利用する事で、オーダーカーテンを手軽で便利にご購入いただけると思います。

分からない事や、ご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。


ページトップへ