カートをみる マイページ ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

カーテンレールの取付方法


 カーテンレールの取付け方法(機能性レール)

一般的なレールが2つ並ぶカーテンレールの取付け方法の説明です。
取付けの際は、各カーテンレールの取扱い説明書と合わせて必ずお読みください。



  カーテンレールを適度な長さに注文する(サイズ・オーダー)


レールはサイズ・オーダーで、サイズを指定してご注文の手続きをしてください。

窓の巾の長さを測り、10cm〜15cm程度の足した長さが、レールのサイズ(仕上り巾)です。

木枠のない(壁になっている)窓は、木枠分、少し長くするのがお奨めです。
(レールは、金物用のノコギリでも切断できます。)

カーテンレールの取付け方法


カーテンレール【ネクスティ】


 ▲屮薀吋奪箸亮萇佞雲K/泙粒稜

各商品ページに記載されている【ブラケットの取付け寸法図】と【ブラケットの間隔と許容荷重】を必ず確認して、ブラケット(取付金具)の取付ける位置や間隔を決めてください。

※レールの注文の前に、取付ける際に、エアコンやドアなどに干渉しないか、他に障害物がないか「取付寸法図」で確認します。



▼(例)レールのブラケットの取付寸法図(mm単位)      ▼(例)レールのブラケットの間隔と許容荷重

レガートの取付寸法図、ブラケットの間隔と許容荷重




 レールの取付金具(ブラケット)を取付ける

注文したカーテンレールが届いたら、レールの取付金具(ブラケット)を取付けてから、その取付金具にレールを固定します。

取付金具(ブラケット)のを取付ける位置(間隔)は、各レールの【ブラケットの間隔】以内に、均等に取付けてください。

一般的なランナーのカーテンレールの取付け方法


取付金具(ブラケット)の取付位置は、窓枠から上に【5cm〜15cm】程の高さに、ブラケットのビス位置がなるように取付けます。  
高い位置に下地がない場合は、下げて低い位置に取付けてください。

ブラケットの取付は、必ず木部の下地に取付けてください

【下地】・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。レールは石膏ボードのみの場所には取付けられません。



 ぅ譟璽襪鬟札奪(固定)する

カーテンレールに、必要な数のランナー(フックを掛けるカン)があるか、取り付ける前に確認します。

商品ごとに付属の「取扱説明書」または、取扱説明書が無い場合は各「商品ページの取付方法」を読みます。

取付金具(ブラケット)に、カーテンレールをセットして、しっかりと固定してます。

最後に、しっかりと固定しているか再度確認して、完了です。




  エアコンなどが窓枠の上にある場合 (窓枠に取付)

エアコンなどが窓の上にある場合

エアコンなどが窓枠の上にあり、カーテンと干渉してしまう場合などは、レールの取付位置を下げます。

窓枠の巾()が2cm以上であれば、窓枠に取付けることも可能です。(木枠の割れを防ぐために、真中にビスで取付けてください)

窓枠に取付ける場合は、端から(5cm以上窓の内側に取付けてください。(木枠の割れを防ぐためです)

また、ビス(ネジ)は、短いもので、小さく下穴をあけてから取付けることをお薦めします。

    窓枠に取付ける場合



 取付けの注意

カーテンレールに付属される取扱い説明書を必ず事前にお読みください。

取付用のビス(ネジ)は、下地にとどく物をお客様がご用意ください。付属されているビスでは下地にとどかない場合があります。(ネクスティ、セルフィには、取扱い説明書、ビス(ネジ)は付属されていません。)

プロ仕様カーテンレールは、サイズ(仕上り巾)を指定してオーダー(特注)でご購入ください。

カーテンレールの取付けには、周囲の安全に注意して落下することのないように、必ず木部(下地、木枠)に、お客様の責任で取付けてください。

【下地】・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。レールは石膏ボードのみの場所には取付けられません。

※ レールを購入する前に、サイズや取付方法に不安があるお客様は、メールやお電話にてご質問やご相談を承ります。

ページトップへ