カーテンの仕様(スタイル)

オーダーカーテンの仕様≪目次≫

【カーテンの仕様】オーダーカーテンのスタイル


オーダーカーテンには多くの様々な仕様がありますが、その中でも「dowdow」で基本仕様としてお勧めする、オーダーカーテンの仕様(スタイル)です。



【2倍ヒダ仕様のオーダーカーテン】スタンダードカーテン2.0仕様について【1.5倍ヒダ仕様のオーダーカーテン】プレーンカーテン1.5仕様について【シェードカーテン(シングル)】プレーンシェード仕様について

【フラットカーテン】フラットカーテン1.3仕様について【高級2倍ヒダ仕様のオーダーカーテン】ファイン-カーテン2.0仕様について【オーダーカーテンの仕様の選び方】




その他のオーダーカーテンの仕様について

ドレープカーテンでは、2倍ヒダよりも多く生地を使用する2.3倍ヒダ以上もあります。
より重厚で装飾性を高める効果がある仕様です。

カーテンの上部に同じ生地を使用したレールを隠すように装飾する「バランス」仕様は、高級感のあるクラシック・スタイルです。

カーテンを別の生地で接ぐ「切替し」仕様は、ドレープカーテンとレースカーテンでもできる、少しモダンなスタイルで人気があります。

レースカーテンでは、「出窓」の装飾的な「スカラップ仕様」は複数の種類があります。
「掃き出し窓」の装飾的な「センタークロス」「クロスオーバー」仕様があります。
裾にフリルやフリンジ・トリムを付けます。
クラシック・スタイルをよりエレガントにするレースカーテンの仕様です。

シェードカーテンでは「ドレープ」のプレーンシェードと、「レース」のプレーンシェードを一台で作製する『ツインシェード仕様』が最もポピュラーです。

レースのシェードカーテンでは、ボリュームを持たせた「バルーンシェード仕様」や「オーストリアンシェード仕様」など装飾性の高い仕様はクラシック・スタイルに向いています。

欧米の住宅によく見られる「細長い窓」を優雅にスタイリングする「スワン-シェード仕様」や、可愛らしい「ピーコック-シェード仕様」も個性的なシェードの仕様です。

その他にもオーダーカーテンには、数えきれないほど多くの仕様やオプション加工があります。

もっと装飾性の高いデコラティブなオーダーカーテンをご希望のお客様は、メールやお電話にてご相談いただければ幸いです。




2倍ヒダ オーダーカーテン


スタンダードカーテン2.0仕様(2倍ヒダ)

線


2倍ヒダとは、レールの約2倍の幅の布を、3山にプリーツをとったオーダーカーテンの基本仕様です。

カーテンの開け閉めなどの機能性、洗濯などのメンテナンス性に優れた仕様で、ショップおすすめのベーシック・スタイルです。




スタンダードカーテン2.0



■ スタンダードカーテン2.0仕様では、標準でドレープカーテンのみ【形状安定加工】を施します。 
  綺麗なプリーツ形状が長期間保ちます。加工のできない商品は、商品ページに明記します。
  コットン(綿)やリネン(麻)の入った布地は【形状安定加工は施しません】

■ レースカーテンの裾は、ヨコ使いの布地のみ標準でウエイトテープ仕様になります。 
  ヨコ使いでも裾三つ折の場合は、商品ページの参考見積りに明記します。

■ ドレープカーテンのみ、共布のタッセル付です。レースの共布タッセルは【オプション】になります。



1.5倍ヒダ オーダーカーテン


プレーンカーテン1.5仕様(1.5倍ヒダ)

線
1.5倍ヒダとは、レールの約1.5倍の幅の布を、2山にプリーツをとったオーダーカーテン。
ファブリックの柄(デザイン)をキレイにだせる、ボリュームの少ないスッキリとしたモダンなカーテンスタイルです。 

スタンダードカーテン2.0の廉価版とも言え、布地の使用量が少ない場合、価格がリーズナブル(安価)です。




プレーンカーテン1.5 仕様




■ プレーンカーテン1.5仕様では、標準でドレープカーテンのみ【形状安定加工】を施します。 
  綺麗なプリーツ形状が長期間保ちます。加工のできない商品は、商品ページに明記します。
  コットン(綿)やリネン(麻)の入った布地は【形状安定加工は施しません】

■ レースカーテンの裾は、標準で裾三つ折になります。(ヨコ使いの生地の場合はウエイトテープ仕様)

■ ドレープカーテンのみ、共布のタッセル付です。レースの共布タッセルは【オプション】になります。
 








ツインシェード(ダブルシェード)


ツイン-シェード仕様 線

オーダーカーテンの布地を平面(フラット)に使い、上下に昇降させるプレーンシェードを、ドレープとレースのツイン(ダブル)で1台に作製するツインーシェード仕様のシェードカーテンです。

シェードカーテンは、開ける(上げる)と開放感があり、閉めて(降ろす)も平面的なのでカーテンのように場所をとらない

省スペースのスタイルです。 ロールカーテンよりもメンテナンス性能(洗濯など)が簡単で、機能性も優れています。




ツインシェード




当店では、最新のツイン-シェード機構(メカ)を使用した、ドレープとレースの幕を1本のチェーンで操作するワンチェーン式が標準仕様です。
 
操作チェーンが少ないほどスッキリとして見た目もキレイです。直観的に操作が出来るので簡単です。 
(メカは、TOSOクリエティドラム・ワンチェーンを使用。)


■ 前幕(ドレープ)と後幕(レース)の組合せは自由に選べます。(制作可能な布地に限ります)

ワンチェーン式は、シャフトをボールチェーンで回して昇降操作させるので大きいシェードでも軽く操作できます。

コード式は、操作コードが幕の下部につながっている構造の為、操作しやすいのですが、
シェードの重量が直接伝わってくる(重い)ので、小さい窓に向いている操作方式です。

■ ワンチェーン式、コード式はお選びいただけます。(ご指示が無い場合はワンチェーン式で作製します)


ツインシェードの昇降状態の説明



※ ファブリックは、シェードのメカ(上部)に【マジックテープ】取付けられています。 簡単に取り外しが可能です。








遮光生地のシェードの縫い目の光漏れ


■ 遮光生地の場合、昇降用テープの縫製の針穴から光漏れがありますが、構造上の為ご了承ください。



プレーンシェード(シングル)


プレーンシェード仕様(シングル)
線


オーダーカーテンの布地を平面(フラット)に使い、上下に昇降させるプレーンシェード仕様は、シングル(ドレープorレース)スタイルのシェードカーテンです。

シェードカーテンは、開ける(上げる)と開放感があり、閉めて(降ろす)も平面的なのでカーテンのように場所をとらない省スペースのスタイルです。
 ロールカーテンよりもメンテナンス性能(洗濯など)が簡単で、機能性も優れています。



プレーンシェードの構造、操作の説明


■ 制作可能なオーダーカーテンに限ります。レースのファブリックでも作製可能です。
■ 【ドラム式】は、シャフトをボールチェーンで回して昇降操作させるので大きいシェードでも軽く操作していただけます。
■ 【コード式】は、操作コードが幕の下部につながっている構造の為、操作しやすいのですが、 シェードの重量が直接伝わってくるので、小さい窓に向いている操作方式です。
■ 【ドラム式】、【コード式】はお選びいただけます。



プレーンシェードの昇降状態の説明


※ ファブリックは、シェードのメカ(上部)に【マジックテープ】取付けられています。簡単に取り外しが可能です。







遮光生地のシェードの縫い目の光漏れ


■ 遮光生地の場合、昇降用テープの縫製の針穴から光漏れがありますが、構造上の為ご了承ください。





■参考スタイル(バルーンシェード)

豪華なボリュームのあるスタイリングの「バルーンシェード」です。
クラシック・インテリアにコーディネートする仕様として、古くから人気があります。

幕を降ろした状態は、2.5倍ヒダのギャザーカーテンで、幕を上げるとバルーン状のスタイルになります。

裾は、共布フリル付きが一般的で、トリムを付けることもできます。また、フリルなどの装飾を省いて何も付けないウエイトテープ仕様にもできます。

生地は、ヨコ使い(生地巾が260~300cm)のレースカーテンがおすすめです。
厚手の生地やドレープカーテンでは作製できません。

また、ツインシェード仕様(ダブル)でも作製できないので、「シングル」になります。




ファインカーテン2.0仕様(プレミアム)


優れた美しいプリーツ形状を長期間保つ「ファイン-カーテン2.0仕様」

線

カーテンレールの約2倍の幅の布を、3つ山でヒダをとった、開閉などの機能性、洗濯などのメンテナンス性に優れ、美しいドレープをつくり出す、当店おすすめのプレミアム縫製ファイン-カーテン2.0仕様
形状記憶加工でさらに美しい仕上りになります。

形状記憶加工とは、スタンダードカーテン2.0の形状安定加工は≪スチーム≫でプリーツ形状を安定させますが、ファイン-カーテン2.0の形状記憶加工は≪真空釜≫を使用して高圧でプリーツ形状を記憶させます。 
その為、プリーツの仕上りが曲面的で美しく、形状を長期間保つ事ができます。

(どちらも薬剤等は一切使用していません)




ファイン-カーテン2.0



■ ファイン-カーテン2.0仕様は、ファブリックにより、加工ができない場合があります。  
  コットン(綿)やリネン(麻)の入った布地は【形状安定加工は施しません】
  eメール見積りのお申し込みの際に、製作出来な場合はご報告いたします。

■ レースカーテンの裾は、【ヨコ使い】の布地のみ標準でウエイトテープ仕様になります。

■ ドレープカーテンのみ、共布のタッセル付です。 レースの共布タッセルは【オプション】になります。



※ファインカーテン2.0仕様の仕上り幅は5%以上大きくしてください。




フラット カーテン1.3仕様


フラット-カーテン1.3仕様(1.3倍)

線


フラット-カーテンとは
、レールの約1.3倍の幅の布を、山ヒダのない平面で作製するオーダーカーテン。
おしゃれなカーテンスタイルとして、デコレーター(プロ)に人気です。 

フックの間隔がスタイリングで調整できるので、ファブリック(生地)の良さを引き立たせます。 



フラット-カーテン1.3仕様(1.3倍)




■ フラット-カーテン1.3仕様では、レールの長さの約1.3倍が【仕上り幅(W)】になります。
   レールの長さと同じ仕上りサイズはお奨めしておりません。

フックは、すべて【Aフック】になります。Bフックにすると開閉がし難くなるためです。

■ レースカーテンの裾は、標準で裾三つ折になります。(ヨコ使いの生地の場合はウエイトテープ仕様)

■ ドレープカーテンのみ、共布のタッセル付です。レースの共布タッセルは【オプション】になります。
 


⇒ フラットカーテン1.3仕様のサイズの測り方




オーダーカーテンの【 仕様 】の選び方

オーダーカーテンの仕様の選び方

「オーダーカーテン」は、カーテンのスタイル「仕様」を選んで購入することができます。

オーダーカーテンの基本とされる「2倍ヒダ(スタンダードカーテン2.0仕様)」、生地のデザインをキレイに見せる「1.5倍ヒダ(プレーンカーテン1.5仕様)」、ビンテージ調のスタイリングにおすすめの「フラットカーテン1.3仕様」、省スペースでモダンな印象の「ツインシェード仕様(ダブル)」など。

お客様の好みやイメージ、インテリア、コーディネート、住宅(部屋)の環境によって最適なオーダーカーテンの「仕様」をお選びいただけます。







2倍ヒダ(スタンダードカーテン2.0)仕様を選ぶ
線

オーダーカーテンの選び方
▲ドレープ & レース:スタンダードカーテン2.0仕様(2倍ヒダ)



オーダーカーテンでは、2倍ヒダ仕様が一般的に基本の仕様とされています。
2倍ヒダは、カーテンの上部で「3つ山ヒダ」にして、カーテンレールの幅の2倍の生地でプリーツを作ります。

生地を多く使用してボリューム感のあるカーテンのスタイルは、高級感があり「クラシック系」のインテリアや高級感のあるコーディネートにおすすめです。

また、ドレープカーテン(厚手)の場合は「形状安定加工」を施すと、プリーツが綺麗に整って、開閉の時のカーテンの収まりが良いです。

当店のスタンダードカーテン2.0仕様(2倍ヒダ)には、ドレープカーテンに標準で「形状安定加工」を施しいています。









1.5倍ヒダ(プレーンカーテン1.5)仕様を選ぶ
線

オーダーカーテンの【仕様】の選び方
▲ドレープ & レース:プレーンカーテン1.5仕様(1.5倍ヒダ)



ファブリック(生地)のデザインをキレイに見せることができて、開閉など使い勝手が良いのが「1.5倍ヒダ」仕様です。

1.5倍ヒダは、カーテン上部で「2つ山ヒダ」にして、レールの幅の1.5倍の布地でプリーツを作ります。
2倍ヒダに比べて、布地の量が少なく、プリーツがなだらかなので布地の柄のデザインを見えやすくなります。
プレーンな印象になるので「モダン」系やデザインをキレイに見せるコーディネートにおすすめの仕様です。

また、2倍ヒダ同様にプレーンカーテン1.5仕様(1.5倍ヒダ)のドレープカーテンにも「形状安定加工」を標準で施しています。
リーズナブルで、デザインが綺麗に見えるので、当店のおすすめの仕様です。






オーダーカーテンの【仕様】の選び方
▲ドレープ & レース:プレーンカーテン1.5仕様(1.5倍ヒダ) 







フラットカーテン1.3仕様を選ぶ
線

オーダーカーテンの【仕様】の選び方
▲ドレープ:フラットカーテン1.3仕様(1.3倍) ・レース:プレーンシェード仕様 



フラットカーテンは、カーテンの上部が山ヒダのない平面で、レールの幅の【約1.3倍】を仕上り巾(W)にして作製します。

カーテンの幅の方がレールの幅より長いので、ちょっとルーズなプリーツ(ヒダ)ができます。
1.3倍にするのは、カーテンを開閉する際に隙間ができたりしないようにする為です。
レール幅でフラットカーテンを作製するとヒダの癖が出来て、両開きの場合は窓の中央と両端に隙間ができやすくなります。

また、1.3倍で生地の余裕があるので、カーテンのフックの間隔(ヒダの間隔)がある程度調整できるので、カーテンの平面な所とプリーツになる所を作り、スタイリングで楽しむことが出来る仕様です。
ちょっとルーズなイメージで「ビンテージ系」や「シャビーシック」などのインテリアのコーディネートにおすすめです。

フラットカーテン1.3仕様は、プロのコーディネーターに人気のスタイルで、カーテンのスタイリングを楽しんで、時間と手間をかけらる人におすすめです。

生地の特性が一番表現されるカーテンの仕様かもしれません。











プレーンシェード仕様(シングル)orツインシェード仕様(ダブル)を選ぶ
線

オーダーカーテンの【仕様】の選び方
▲ドレープ & レース:ツインシェード仕様(ダブル) 



シェードカーテンは、カーテンをタテにタタミ上げて開閉する、カーテンの生地で作製できる仕様です。

窓の上に畳み上げられるので、大きい窓ほど開放感があります。
また、閉めた時に平面になるので、布地のデザインがより綺麗に見えます。

現在は、ドレープ(厚手)とレース(シースルー)の「プレーンシェード(シングル)」を1台にした【ツインシェード(ダブル)】が人気です。(操作も簡単です)

窓周りにスペースがない部屋や、部屋を広く感じたい場合にお勧めのカーテンの仕様です。

シェードカーテンのメンテナンスは、ロールスクリーンに比べると簡単で、幕体(生地)を取り外して洗濯することができます。
※自宅で洗濯できる生地に限ります。
(当店では商品ページに明記しています。掲載されている98%以上が自宅で洗濯可能です)














オーダーカーテンの仕様の”まとめ”
線

当店のオーダーカーテンの代表的な仕様をご紹介しました。

オーダーカーテンなので、デコラティブ(装飾的)な仕様も沢山ありますが、現在の住宅デザインを考えると、一般的には上記の仕様と生地のデザインの組み合わせがおすすめです。

オーダーカーテンは、サイズだけを特注するカーテンではなく、仕様(スタイル)も選ぶことが出来ます。

オーダーカーテンの仕様で、迷っている人や、ご相談、ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。



TEL 048-767-8684 (受付:13時~18時)

mobile 080-4868-4190 (担当:石井)







銀行振り込み支払いで【7%還元】割引キャンペーン
まとめて見積りすぐに使えるクーポン!
ドレープ&レースのセット割引


オーダーカーテンの【出張採寸サービス】
オーダーカーテンの【取付工事サービス】
オーダーカーテンの施工例


ドレープ&レース コーディネート集 blog

商品カテゴリ

休日カレンダー
  • 今日
  • 出荷休日
  • 電話受付休日

店長紹介

dowdow(ドウドウ)にご来店いただきまして、ありがとうございます。店長の石井です。
>>プロフィール

 

ページトップへ