カーテンの選び方

「裏地付きカーテン」で部屋が暖かくなる!カーテンで断熱する方法!!

裏地付きカーテンで断熱する方法


冬になると部屋の暖房が効きにくい事はありませんか?

室温は、窓からの外気の影響を受けるので、寒い時期は「窓の断熱」が大事です


窓を断熱するには【裏地付きカーテン】がおすすめです。


新築やマンションでも、壁には断熱材を使用しますが、窓はガラスなので、外気の冷たさは伝わります。

新築や新居に入居する際に、裏地付カーテンを購入するだけで、断熱効果が期待できます。

そして、部屋の断熱は冬場だけと思っているかもしれませんが、夏場にも外気の暑い空気をさえぎり、冷房の冷えた空気を逃がさないようにする「夏の断熱」の際にも非常に役に立ちます。
遮熱レースカーテン、ミラーレースカーテンとの組み合わがお薦めです。

一年を通して、カーテンで窓の断熱をすることで居心地の良い部屋になって、「冷暖房費」を抑えることができます。省エネです。






窓の断熱の方法

窓の大きな面積のガラス面が、寒い時期では非常に冷たい板のように冷気を室内に伝えます。

冷たい窓のガラス面とドレープカーテンの間の「裏地」が空気層をつくり、窓からの冷気を遮り、室内の温かい空気を保ちます。

断熱は「空気層」を作ることが重要で、カーテンを2重構造にする事で断熱効果が期待できます。


さらに、カーテンの仕様を2倍ヒダにすると生地の量が増えることでより断熱しやすくなります。

裏地付きカーテンで断熱する方法
 
冬の部屋は、窓から冷たい外気の影響を受けます。
最近では「ペアガラス」の窓が一般的になってきました。結露を抑える事も出来るので有効ですが、それでも窓の冷たさは部屋の空気に伝わります。

普通にドレープカーテンとレースカーテンを使っていれば、ある程度は窓の冷気を防げます。
でも、ペアガラスの窓にも、併せて「裏地付きカーテン」を使うと効果がさらに上がりますのでお薦めです。






断熱カーテンを使用する窓

冬の寒い時期は窓もかなり冷えるので、窓の大きなマンションや、風通しの良い住宅、マンションの通路側の窓には「裏地付きカーテン」の効果が期待できます。





縫い付け仕様

裏地は、必ずドレープカーテンに縫い付ける仕様をお薦めしています。

dowdowでは、マジックテープで取り外しが出来る裏地は、見た目の美しさや使い勝手が良くないので、お薦めしていません。





リターン仕様

カーテンの両端を巻き込む「リターン仕様」は、窓からの冷気の漏れを防ぐ方法です。
リターン仕様には、カーテンレールに「リターン金具」が付いているか、別途に付ける必要がります。






カーテンと併用する「断熱スクリーン」で最大効果‼

現在カーテンを使っている窓の内側に、断熱効果が最も高い「ハニカムスクリーン」を取付けると効果が大きいです。
ハニカムスクリーンは、空気層をつくる「六角形の断面」を持つスクリーンです。

現在、断熱効果が最も高いオーダーカーテンの一つだと思います。







カーテンで断熱する方法のまとめ

カーテンで断熱する方法をご紹介しました。
まず、断熱した方がいいと思う窓には、カーテンを購入する際に「裏地付き」にする事をお薦めします。


オーダーカーテンのご相談やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。






【ショッピング ガイド】オーダーカーテンの購入方法

オーダーカーテンの通販の注文

【eメール見積りのお申込み】オーダーカーテンの通販

【サイズの測り方】オーダーカーテンの購入方法

【カーテンの仕様】オーダーカーテンのスタイル

【取付け方法】シェードカーテン・レール・ブラインドなど

電話での見積りのお申込み

商品カテゴリ

色彩で選ぶオーダーカーテン
グリーン(緑色)オーダーカーテンイエロー&オレンジ(黄色)オーダーカーテンベージュ色オーダーカーテン
パープル&バイオレット(紫色)オーダーカーテンレッド&ピンク(赤色)オーダーカーテンブラウン(茶色)オーダーカーテン
ブルー&ネイビー(青色)オーダーカーテングレー&ブラック(灰色)オーダーカーテンホワイト&アイボリー(白色)オーダーカーテン



機能で選びオーダーカーテン

遮光カーテンのカテゴリー【遮光&遮熱】カーテンの裏地のカテゴリー
【ミラーカーテン】透け難いレースカーテンのカテゴリー【遮熱】レースカーテンのカテゴリー


休日カレンダー
  • 今日
  • 出荷休日
  • 電話受付休日

店長紹介

dowdow(ドウドウ)にご来店いただきまして、ありがとうございます。店長の石井です。
>>プロフィール

ページトップへ