カートをみる マイページ ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「裏地付きカーテン」で部屋が暖かくなる!カーテンで断熱する方法!!

裏地付きカーテンで断熱する方法

冬になると部屋の暖房が効きにくい事はありませんか?

室温は、窓からの外気の影響を受けるので、寒い時期は「窓の断熱」が大事です。


窓を断熱するには【裏地付きカーテン】がおすすめです。


新築やマンションでも、壁には断熱材を使用しますが、窓はガラスなので、外気の冷たさは伝わります。

新築や新居に入居する際に、裏地付カーテンを購入するだけで、断熱効果が期待できます。

そして、部屋の断熱は冬場だけと思っているかもしれませんが、夏場にも外気の暑い空気をさえぎり、冷房の冷えた空気を逃がさないようにする「夏の断熱」の際にも非常に役に立ちます。
遮熱レースカーテン、ミラーレースカーテンとの組み合わがお薦めです。

一年を通して、カーテンで窓の断熱をすることで居心地の良い部屋になって、「冷暖房費」を抑えることができます。省エネです。




・窓の断熱の方法

窓の大きな面積のガラス面が、寒い時期では非常に冷たい板のように冷気を室内に伝えます。

冷たい窓のガラス面とドレープカーテンの間の「裏地」が空気層をつくり、窓からの冷気を遮り、室内の温かい空気を保ちます。

断熱は「空気層」を作ることが重要で、カーテンを2重構造にする事で断熱効果が期待できます。


さらに、カーテンの仕様を2倍ヒダにすると生地の量が増えることでより断熱しやすくなります。

裏地付きカーテンで断熱する方法
 
冬の部屋は、窓から冷たい外気の影響を受けます。

最近では「ペアガラス」の窓が一般的になってきました。結露を抑える事も出来るので有効ですが、それでも窓の冷たさは部屋の空気に伝わります。

普通にドレープカーテンとレースカーテンを使っていれば、ある程度は窓の冷気を防げます。

でも、ペアガラスの窓にも、併せて「裏地付きカーテン」を使うと効果がさらに上がりますのでお薦めです。




・断熱カーテンを使用する窓

冬の寒い時期は窓もかなり冷えるので、窓の大きなマンションや、風通しの良い住宅、マンションの通路側の窓には「裏地付きカーテン」の効果が期待できます。




・縫い付け仕様

裏地は、必ずドレープカーテンに縫い付ける仕様をお薦めしています。

dowdowでは、マジックテープで取り外しが出来る裏地は、見た目の美しさや使い勝手が良くないので、お薦めしていません。



・リターン仕様

カーテンの両端を巻き込む「リターン仕様」は、窓からの冷気の漏れを防ぐ方法です。

リターン仕様には、カーテンレールに「リターン金具」が付いているか、別途に付ける必要がります。

最近では、リターン金具を必要としない、左右の端がカーブ状に巻き込んでるレールもあります。

個人的には、リターン仕様にしても隙間が出来るのであまりお薦めしていません。




・カーテンと併用する「断熱スクリーン」で最大効果!!

現在カーテンを使っている窓の内側に、断熱効果が最も高い「ハニカムスクリーン」を取付けると効果が大きいです。

ハニカムスクリーンは、空気層をつくる「六角形の断面」を持つスクリーンです。

現在、断熱効果が最も高いオーダーカーテンの一つだと思います。






・カーテンで断熱する方法のまとめ

カーテンで断熱する方法をご紹介しました。
まず、断熱した方がいいと思う窓には、カーテンを購入する際に「裏地付き」にする事をお薦めします。


オーダーカーテンのご相談やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。






新築マンションのオーダーカーテンの選び方


■ 新築マンションのオーダーカーテンの選び方


 初めに、新築のマンションの平面図や間取図をコピーして、下記のようなオーダーカーテンの【プラン図】を作ります。
プラン図を作ることで、難しい、面倒と思われるオーダーカーテンの通販のご注文が分かりやすくなり、間違いも少なくなります。
オーダーカーテンのプラン図は、一般的にコーディネーターやオーダーカーテンの専門店が行っている方法です。

新築マンションのオーダーカーテンの選び方

新築マンションのオーダーカーテンの選び方



 プラン図のように、窓ごとに番号を付けます

 サイズを測ります。レールが付いている場合はレールから測ります。
  また、住宅メーカーの平面図には、プラン図のように「窓のサッシ番号」の記載があります。
  住宅会社により記載方法に違いがありますが、サッシのサイズを示す数字があれば概算の見積りが作成できます。
  オーダーカーテンのサイズの測り方

 窓ごとに「ドレープカーテン」と「レースカーテン」を選び、品番をプラン図に記入します。
  HPの左側の上部にある【商品検索】に品番の”数字のみ(例1150)”を記入して、商品の確認ができます。
  オーダーカーテンの選び方

 窓ごとにオーダーカーテンの仕様を決めます。(例プレーンカーテン1.5仕様)
  オーダーカーテンの仕様について

 ≪eメール見積り≫のお申し込みをします。
  オーダーカーテンのeメール見積りのお申込み



  ●eメール見積りの記入例 (下書きしてからコピーして記入欄にペースト) 


  [窓番号/品番/スタイル(仕様)/仕上り巾(W)cm/仕上り丈(H)cm/数量
  1、ドレープGS-1150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈210cm、1窓
  1、レースGS-1400、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈209cm、1窓
  2、ドレープGS-1150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈150cm、1窓
  2、レースGS-1400、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈149cm、1窓
  3、ドレープHS-3150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈200cm、1窓
  3、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈199cm、1窓
  4、ドレープHS-3149、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈150cm、1窓
  4、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈149cm、1窓

  1、2、4 ドレープ【Aフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】
  3、ドレープ【Bフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】



   ■ご新築のオーダーカーテンの出張採寸・取付工事サービス

  埼玉・東京の一部の営業地域のお客様は、
  採寸から取付工事までトータルに承る【取付工事サービス(有料)】をご利用いただけます。

    【取付工事サービス】






 ※防炎カーテンについて

消防庁の規制を受ける(消防査察がある)、高さ31mを超える集合住宅(マンション)や建築物、公共施設、地下街など。不特定多数の人が出入りする公共施設や商業施設には、カーテンに【防炎ラベル】を付ける事が義務とされています。

詳しくは【防炎カーテン】をご覧ください。

防炎カーテンの使用については、ご入居するマンションの管理会社などにご確認ください。
また、店舗などで使用する場合は、eメール見積りの際に、必ず【防炎ラベル】を付ける旨をご指示ください。

防炎カーテンは、各商品ページの生地の詳細の欄に「防炎マーク」の記載があります。


新築戸建のオーダーカーテンの選び方

■ 新築戸建のオーダーカーテンの選び方



初めに、新築の戸建の平面図や間取図をコピーして、下記のようなオーダーカーテンの【プラン図】を作ります。
プラン図を作ることで、面倒に思われるオーダーカーテンの通販のご注文が分かりやすくなり、間違いも少なくなります。
オーダーカーテンのプラン図は、一般的にコーディネーターやオーダーカーテンの専門店が行っている方法です。

 新築戸建のオーダーカーテンの選び方

1階の【リビング・ダイニング】を北欧モダンの明るいイメージのリーフ柄のオーダーカーテンでコーディネート。
並んだ掃出し窓は柄が綺麗に映える”プレーンカーテン1.5仕様” 小窓は、同じ布地で”ツイン−シェード仕様“。
1階の洋室[1]はミッドセンチュリーのイエローグリーンのボーダー柄のオーダーカーテンでコーディネート。

 新築戸建のオーダーカーテンの選び方

 新築戸建のオーダーカーテンの選び方

2階の【寝室】を落ち着いた女性的なイメージの”ゴシック+モダン”のオーダーカーテンでコーディネート。
無地のチャコールのドレープカーテンと、豪華で美しい華の刺繍のレースカーテンの組み合わせです。
2階の洋室[2][3]は子供部屋で使用するので、明るく楽しいミッドセンチュリーのオーダーカーテンでコーディネート。
子供部屋は年齢や性別に関わらず、長く使用できる上質なデザインとクオリティのオーダーカーテンにしました。

 新築戸建のオーダーカーテンの選び方


■ 新築戸建てのオーダーカーテンの"プラン図"の作り方


 .廛薀鷽泙里茲Δ法∩襪瓦箸鉾峭罎鯢佞韻泙后

◆.汽ぅ困鯊ります。レールが付いている場合はレールから測ります。
  また、住宅メーカーの平面図には、プラン図のように「窓のサッシ番号」の記載があります。
  住宅会社により記載方法に違いがありますが、サッシのサイズを示す数字が分かれば、概算の見積りの作成ができます。
  ※オーダーカーテンの注文の際には、下記URLの「仕上りサイズ」が必要です。
  ■オーダーカーテンのサイズの測り方

 窓ごとに「ドレープカーテン」と「レースカーテン」を選び、品番をプラン図に記入します。
  HPの左側の上部にある【商品検索】欄に品番の”数字のみ(例1150)”を記入して、商品の確認ができます。
  ■オーダーカーテンの選び方

ぁ〜襪瓦箸縫ーダーカーテンの仕様を決めます。(例プレーンカーテン1.5仕様)
  ■オーダーカーテンの仕様について

ァ、磽絅瓠璽觚積り≫のお申し込みをします。
  ■オーダーカーテンのeメール見積りのお申込み



  ●概算のeメール見積りの記入例 (下書きしてからコピーして記入欄にペースト)


  [窓番号/品番/サッシ番号/仕上り丈(H)cm/数量
  1、ドレープGS-1150、レースGS-1150、ツイン-シェード、サッシ番号03613、1窓
  2、ドレープGS-1150、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17213、1窓
  2、レースGS-1400、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17213、1窓
  3、ドレープHS-3150、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17218、1窓
  3、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17218、1窓
  4、ドレープHS-3149、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17213、1窓
  4、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、サッシ番号17213、1窓

  1、2、4 ドレープ【Aフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】
  3、ドレープ【Bフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】



※ 新築の戸建のオーダーカーテンは、窓数が多くなりますので、“eメール見積り”のお申し込みの際は、部屋ごと、階ごとに分けてお申込みいただくと、間違いが少ないです。

※ ご注文の際は、正確にレールから測った【仕上りサイズ】をお知らせいただきます。




  ■正確なサイズのeメール見積りの記入例 (下書きしてからコピーして記入欄にペースト)


  [窓番号/品番/スタイル(仕様)/仕上り巾(W)cm/仕上り丈(H)cm/数量
  1、ドレープGS-1150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈210cm、1窓
  1、レースGS-1400、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈209cm、1窓
  2、ドレープGS-1150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈150cm、1窓
  2、レースGS-1400、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈149cm、1窓
  3、ドレープHS-3150、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈200cm、1窓
  3、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈199cm、1窓
  4、ドレープHS-3149、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈150cm、1窓
  4、レースGS-1506、プレーンカーテン1.5、仕上り巾190cm、仕上り丈149cm、1窓

  1、2、4 ドレープ【Aフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】
  3、ドレープ【Bフック】、レース【Aフック】、全て【両開き】




   ■ご新築のオーダーカーテンの出張採寸・取付工事サービス

  埼玉・東京の一部の営業地域のお客様は、
  採寸から取付工事までトータルに承る【取付工事サービス(有料)】をご利用いただけます。

  【取付工事サービス】



女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン

女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン


 女性に人気の「フロントレース・スタイル」は、レースのデザインを活かした”透け感”と、女性らしいやわらかな雰囲気がフェミニンでおしゃれなカーテンのスタイリングです。

通常のカーテンのスタイリングとは反対に、レースカーテンを部屋側に、ドレープカーテンを窓側にセットします。


レースのデザインを最大限表現するスタイルなので、オパールプリント(加工)などのレースカーテンを選ぶ事が重要になります。

北欧で人気のボタニカル(植物)柄のレースと、無地のドレープカーテンとのコーディネートが基本です。




● オパールプリント(加工)のレースカーテンを選ぶ。

女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン

 オパールプリント(加工)とは、2種類の繊維による布地に、その一方の繊維を溶かして、透明感のある部分と透けない部分で柄(デザイン)を表現するレースカーテンの加工です。


基本的なスタイリングは、ホワイト(白)の単色で、透け感のコントラストで柄(デザイン)が浮き上がるように表現されるので、柄を目立たたせるためには、レースのバック(後)に色があると強調されます。

さらに、レースカーテンの”透け感”でバックのドレープカーテンが「紗がかかったように」見えるのでフェミニン(女性的)なやわらかい雰囲気のスタイリングになります。

オパールプリント(加工)のレースがお奨めですが、柄(デザイン)にコントラストができて、バック(後)にドレープカーテンがある事で、レースのデザインがキレイに表現できることが重要です。

最新のレースカーテンは、デザイン、技術が向上していて、柄にコントラストを作る技法も、オパールプリント(加工)だけではありません。例えば、プリント、ラッカープリント、バックカットなどがあります。





● フロントレース・スタイルのカーテンのサイズ

女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン

 一般的なカーテンの「サイズの測り方」では、ドレープよりレースカーテンの仕上り丈(H)を、1cm短くします。
それは、ドレープカーテンを閉めた時に、裾からレースカーテンの裾が見えないようにするためです。

フロントレース・スタイルの場合は、レースがドレープカーテンの前になるので、レースカーテンが1cm短いと、逆に裾からドレープカーテン見えるので、すごくカッコ悪いです。


フロントレース・スタイルでは、仕上り丈(H)はドレープとレースを同じにすることをお奨めします。

そして、ドレープとレースは共に【Aフック】にしましょう。(理由は下記を参照)





● フロントレース・スタイルのカーテンの仕様。

女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン

 一般的なカーテン業界の風潮として、平面で布地のデザインを活かすために「ツイン-シェード仕様」を奨めていますが、dowdowではあまり奨めていません。

ツイン-シェード仕様は、フロントレース・スタイルの場合ちょっと問題があると考えています。

昼間にドレープ(後幕)を上げて、レース(前幕)だけを降ろした状態にすると、上のイメージ画像のように、レース(前幕)がドレープ(後幕)のたたみ代に押されて、くらんしまいます。

見た目が美しくないので、dowdowではお奨めしていません。特に大きい窓(掃出し窓)では気になってしまします。
(気にならない人は問題ありません)

カーテンは、布地を使って様々な仕様のカーテンが作製できますが、フロントレース・スタイルの”カーテンの仕様”は、dowdowでは「プレーンカーテン1.5仕様(1.5倍ヒダ)」をお奨めしています。
布地のデザインもキレイに見えて、カーテンの開閉など使い勝手が良いからです。

フラットカーテン1.3仕様の場合は、毎日カーテンのセッティングやスタイリングをして手間を掛けて楽しめる人にはおすすめです。





●フロンレース・スタイルで失敗しないために。

女性に大人気!透け感が美しいフロントレースカーテン

 はじめてカーテンを「フロントレース・スタイル」にするときは、レースカーテンの選び方、サイズ、仕様に注意して、注文しましょう。

そして、フロントレース・スタイルに飽きたら、通常のスタイルに戻しても使えるように、フックは「Aフック」で注文するのがお奨めです。
Aフックは、レールが見えるようにカーテンを作製するので、ドレープもレースもAフックなら、前後を入れ替えることが可能です。


「フロントレース・スタイル」は、高級感よりも、おしゃれなインテリア・スタイルのイメージがありますので、女性のお客様(ママ友など)にも好感をもたれるはずです。

また、甘い雰囲気の女性らしさではないので、男性(ご主人)にも受け入れてもらいやすいカーテンスタイルです。


ぜひ、楽しんで、試してみてください。




フロントレースカーテンについて、ご相談やご質問上がりましたら、お気軽にお問い合わせください。







清潔な部屋にする「防カビ加工」のレースカーテン

清潔な部屋にするレースカーテン

 掃除のときに、レースカーテンに黒いシミのような物が着いているのを見つける事はありませんか?

始めは小さい黒い点でも、放っておくと、あっと言う間に広がって行きます。

それは「黒カビ」の可能性が高いです。

レースカーテンは白い生地が多いので、目立つし、汚らしく、衛生的ではありません。

また、一度カビができると、なかなか取れませんし、再発生する可能性が高くなります。


湿度が高い「梅雨」の時期や、窓の結露が多い「冬」には、窓とレースカーテンの間で「カビ」が発生しやすくなります。


カビが発生しやすい環境の窓には、最新・強化版の「防カビ」加工のレースカーテンがお奨めです。


レースカーテンの布上で、カビの発生を抑制する加工を施しています。衛生的にも、生活環境を良くする事で健康的で居心地の良い部屋になります。

特に、小さいお子さんのいる家庭や、一人暮らしで仕事が忙しい人に、ぜひお奨めしたいレースカーテンです。

現在でもカビがレースカーテンにカビができてしまっている窓にも試していただきたいです。

清潔な部屋にするお奨めのレースカーテンをご紹介します。




遮熱&UVカットの高機能「防カビ」のレースカーテン

【無地】最新の防カビ加工と遮熱の高機能のレースカーテン&シェード【GS-2548涼しや】ホワイト

 遮熱、UVカット(70%程度)、透けにくい、多機能の素材「涼しや」に、最新の「防カビ」加工を施したレースカーテン【GS-2548】です。

織の細かい平織のボイル地で、無地のホワイトなので、高級感があってコーディネートがの幅が広いレースカーテンです。

リビングや寝室、子供部屋など、全ての部屋に使っていただけます。








シンプルでリーズナブルな「防カビ」のレースカーテン

【無地】最新の防カビ加工の高機能のレースカーテン&シェード【GS-2546】ホワイト

シンプルな無地の「防カビ」レースカーテン【GS-2546】です。

リーズナブル(安価)でコーディネートしやすいので、どんなドレープカーテンや部屋でも違和感なく合わせられます。

最新の防カビ加工を施しているので、カビの育成を大幅に抑えることが期待できます。








防カビのレースカーテンで清潔な部屋に。

建康の被害も懸念されている「カビ」の育成を抑制する「防カビ」加工を施したレースカーテンは、全てのカビに対して、全ての環境に対して、完全にカビを防ぐものではりません。カビの種類によっては期待する効果が得られない場合もあります。

しかし、今現在の最新の強化型の「防カビ」加工を施したレースカーテンです。何もしないよりは絶対に良いはずです。

現在の住宅は気密性も高いので、カビが発生しやすい環境が増えています。湿度が高くなる梅雨や雨の多い時期と、暖房を使い窓に結露が出やすくなる時期を足せば、ほぼ一年を通して、カビが発生しやすい住宅環境も多いと言えます。

小さいお子さんがいる家庭では、衛生面を考えて、ぜひ「防カビ」レースカーテンのご使用を検討してみてください。






ページトップへ