カートをみる マイページ ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

シェードの取付方法


 シェードの取付け方法

  ① シェード専用(付属)のブラケット(取付金具)をビス(木ネジ)で取付けます。

  ② シェードの本体をブラケット(取付金具)に固定して、取付け完了です。

シェードのブラケット

  ■ シェードの取付け方法は、【ツイン・シングル】スタイル共に同じ取付け方法です。
  ■ ブラインドやロールスクリーンなども、基本的には同じ方法で取付けます。

 ① 正面付けの場合  窓の外側に取付け

窓の木枠に取付け   ※ 木枠の巾が2cm以下、飾り枠の場合は、木枠に取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

下記図のように、シェードの本体の幅(←→)の両端から【5~10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットは、約190cm巾のシェードで、3箇所が目安です。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。

シェードの木枠に正面付け

※ ブラケットは、全て同じ高さになるように取付けてください。

窓の上に取付け    ※ 壁面に下地ない場合は、取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

下記図のように、窓枠から上の壁面に【5~20cm】程度、必ず下地のあるところに取付けます。
弊店では、窓枠の上【10cm】を基本としています。 ※シェードのタタミ代は、約25cm程度です。(丈によって変わります)

シェードの本体の幅(←→)の両端から【5~10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットは、約170cm巾のシェードで、3箇所が目安です。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。

シェードの枠上に正面付け

※ ブラケットは、全て同じ高さになるように取付けてください。
※ 下地・・・壁(石膏ボード)の中にある木部。石膏ボードのみの場所には取付けられません。

 ② 天井付けの場合  窓の内側に取付け

窓の内側に取付け    ※ 木枠の奥行きが6cm以下の場合は、取付けは出来ません。

【ブラケットの取付け位置】

シェードの本体の幅(←→)の両端から【5~10cm】程度、内側にブラケットを取付けます。

ブラケットが3個の場合は、中央に取付けます。3個以上の場合は、等間隔に取付けてください。(190cm幅のシェードで、3箇所が目安です。)

シェードの枠の内側に天井付け

※ ブラケットは、全て同じ奥行き(前後の位置)になるように取付けてください。

 取付けの注意

 シェードに付属される取扱い説明書を必ず事前にお読みください。 また、ビス(ネジ)は下地(木部)にとどく物をお客様がご用意ください。付属されているビスではとどかない場合があります。

 シェードの取付けには、周囲の安全に注意して落下することのないように、必ず木部(下地、木枠)に、お客様の責任で取付けてください。

※ シェードの採寸、取付けが出来ないお客様は、【取付工事サービス】をご利用ください。

 シェードの幕(ファブリック)の取り外し方

  シェードの幕(ファブリック)を洗濯する、交換する場合は、下記のように取り外してください。
  シェードの幕は、ヘッドレールにマジックテープで付いているので、比較的簡単に取り外しが出来ます。

シェードの幕(ファブリック)の取り外し方

  ※ シェードの幕(ファブリック)を取り外した後に、昇降コードがヘッドレールの中に入らないようにご注意ください。

 カーテンレールに取付ける場合


ブラインドをカーテンレールに取付る方法

 「レール取付金具」は、溝のある上記の画像のレールで使用できる金具です。

 レールから両端にあるキャップと、レールの中にあるランナー(カーテンを吊るすカン)を外して、
 図のように取付金具を取り付けてください。


 (a)ブラケットに【レールビス】を通して、(b)レールの溝に挟むようにネジで固定します。

 ※レール取付の場合は、見積りの際に【レール取付】とご指定ください。


ページトップへ