カートをみる ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

防炎カーテンについて

防炎マーク

オーダーカーテンでは、防炎性能のあるファブリック(布地)を使用して、防炎カーテンに仕立てます。


防炎マークについて

防炎マークは、()日本インテリアファブリックス協会(NIF)が定めた認定基準を満たす難燃(燃えにくい)性能を示す商品に表示が許されるマークです。
NIF
では、消防法施工規則第4条の3及び消防庁予防課長通達第57(平成9.3.28)を法令根拠として定める()日本防災協会の防災性能試験基準 またあh「繊維製品品質表示規定」第2条及び第4条によるJIS L 1091(繊維製品の難燃性能試験方法)別表第22の擾乱に掲げる品目と試験方法に準拠し各々の難燃性能に適合したものに【防炎マーク】の表示を許可し ています。


防炎ラベルの縫い付け

消防庁の規制を受ける建物等には、防炎性能のあるカーテン(防炎カーテン)を使用し、カーテン1枚毎に見やすい箇所に【防炎ラベル】を付けるのは、消防庁より認定を受けた「防炎表示認定業者」でなければ取扱う事が出来ません。
通常、オーダーカーテンでは、防炎カーテンであっても「防炎ラベル」は、お客様の申し出がないと付けていません。

「防炎ラベル」の表示が必要な場合は「eメール見積り」のお申込みの際に【防炎ラベル】希望とご要望ください。防炎ラベルは、納品後に後から付ける事が出来ませんのでご注意ください。



防炎カーテンが必要な環境(建物)について

消防庁の規制を受ける(消防査察がある)、高さ31mを超える(10〜11階以上)集合住宅(マンション)や建築物、公共施設、地下街など。不特定多数の人が出入りする公共施設や商業施設には、カーテンに【防炎ラベル】を付ける事が義務とされています。詳しくは下記の法令の表をご覧ください。

オーダーカーテンの防炎マークについて