カートをみる マイページ ご利用案内・送料・お支払い方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ブラインドの採寸方法


ブラインドのサイズの測り方

ブラインドは、窓枠の寸法から、ブラインドの仕上りサイズを指定して注文します。


 ① 注文するときの幅(W)・丈(H)のサイズ

  【正面付け】に取付ける場合               【天井付け】に取付ける場合
ブラインド 窓枠【正面付け】の採寸方法   ブラインド 窓枠【天井付け】の採寸方法


■【正面付け】に取付ける場合 

窓枠の外側の端から端までを測ります。一般的にブラインドを窓枠に取付ける場合は、窓枠の外側の幅(W)・丈(H)に適度な長さを足して(+)仕上りサイズにします。ブラインドは一般的に2~4cm程度プラスします。


【窓枠 正面付けの仕上り幅(W) = 窓枠の外側の寸法 + ※2~4cm 】


【窓枠 正面付けの仕上り丈(H) = 窓枠の外側の寸法 + ※2~4cm 】


  1, 掃出窓の丈(H)は、ブラインドが床に付かないように1cm程度引いて(-)ください。
  2, 腰高窓の丈(H)は、窓枠の下に、光漏れしない程度に長さを足して(+)ください。
  3, 窓枠の上に取付ける場合は、その分の寸法を仕上り丈(H)に足して(+)ください。


■【天井付け】に取付ける場合 

窓枠の内側の端から端までを測り、その寸法から1cm程度の長さを引いた(-)サイズが天井付けのブラインドの仕上りサイズです。


【窓枠 天井付けの仕上り幅(W) = 窓枠の内側の寸法 - 1cm 】


【窓枠 天井付けの仕上り丈(H) = 窓枠の内側の寸法 - 1cm 】


 ② 注文するときの窓枠の奥行き(D)の確認  

シェード【天井付け】の奥行き(D)の測り方

窓枠に【天井付け】する場合は、窓枠の内側の寸法で、最も短い寸法が取付け可能な奥行きのサイズです。
また、窓枠内に他に障害になるような物があるか、必ず確認して下さい。

【ブラインド】のブラケット(取付金具)の寸法を確認します。
 各商品ページの取付寸法図または断面図を確認して、窓枠の内側に取り付けできるか判断してください。

【取付寸法図】 

木製ブラインドの取付方法

※ 上記の取付寸法図の場合、窓枠天井付けにするには約6cm以上の取付け可能な奥行きが必要です。

【取付可能な奥行き(D) ≧ 窓枠の内側の奥行き約6cm 】


 ④ カーテンボックスの場合  

カーテンボックスのシェードのサイズの測り方

【カーテンボックスの仕上り巾(W)】は、()カーテンボックスの内側の寸法を測ります。

【カーテンボックスの仕上り幅(W) = カーテンボックスの内側の寸法 - 1cm~~ 】


【カーテンボックスの仕上り丈(H)】は、カーテンボックスの内側の天板から寸法を測ります。


  1, 掃出窓の丈(H)は、ブラインドが床に付かないように1cm程度引いて(-)ください。 

  2, 腰高窓の丈(H)は、窓枠の下に、光漏れしない程度に長さを足して(+)ください。 

  3, カーテンボックスの幅が窓枠より過度に大きい場合は、窓枠の寸法に適度な長さを足して(+)、
   仕上り幅(W)としてください。

  ※ カーテンボックス内から窓下部に、他に障害になるような物があるか、必ず確認して下さい。


【カーテンボックスの奥行き(D)】は、()カーテンボックスの内側の寸法を測ります。


※ カーテンボックスの内側の寸法が、10cm以下の場合はブラインドの取付は出来ません。

【カーテンボックスの奥行き(cm) ≦ 約10cm 】


 ⑤ 操作の位置  注文するときの操作の指定

ブラインドの操作の位置を、【右】か【左】のどちらかをご指定ください。


 ⑥ 取付高さ  ブラインドを取付ける高さの指定

ブラインドを取付ける【床~取付ける位置まで】の高さをお知らせください。
※操作の長さが変わります。


 採寸の注意 

ブラインドの採寸は難しいものではありませが、お客様が測って間違えてしまった場合、修理、作り直しなどの無用な費用がかかってしまいます。

ブラインドのサイズを測る時は、十分なご確認をお願いいたします。

弊店では、できるだけ間違いがないように、eメールで見積書を作成して、商品名(品番)、仕上りサイズ、操作などをお客様に、見積書で再度ご確認いただいてから、ご注文を承っております。

正確に採寸が出来ましたら、 【eメール見積りサービス】にお申込ください。 

ご自身で採寸するのが不安、プロのアドバイスをお受けになりたいお客様は、無料の【出張採寸サービス】をご利用ください。

ページトップへ